重力のある世界をつくる(Box2d)

 var world = new PhysicsWorld( 0, 9.8);
 scene.addEventListener(Event.ENTER_FRAME, function() {
     world.step(core.fps);
 });

二つの引数は、縦方向の重力と縦方向の重力。ここで9.8とは、9.8m/sということ。

この新しくつくったworldを、フレームごとに動かす(step)というのが、2行目。

fpsとは、フレームレート(Frames Per Second)のことで、ここでは16フレーム/秒。一秒の間に16回計算して動かしていますよという意味。(一秒の間に16回のstep)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。