2018_8_4_配列と繰り返し処理を使った平均値の計算と複数の配列とランダムを使った自動作文

ソースコードまとめ

Coding泪橋(仮)_No001
平均値を理解する

// 処理1
// 目的:変数と計算を理解する
// 問題:Consoleには何が書き出されるか
var a = 10;
var b = 20;
var c = 30;
var total = a + b + c;
console.log(total);
var avg = total / 3;
console.log(avg);

答え total:60,  avg:20

// 処理2
// 目的:配列と添字を理解する
// Consoleには何が書き出されるか
var arr= [80, 60, 10];
var total = arr[0] + arr[1] + arr[2];
console.log(total);
var avg = total/ 3;
console.log(avg);

答え total:150,  avg:50

// 処理3
// 目的:配列と繰り返し処理を理解する
// 問題:Consoleには何が書き出されるか
var arr = [20, 70, 50];
var total = 0;
for (var i=0; i<arr.length; i++){
    total += arr[i];
}
console.log(total);
var avg = total / arr.length;
console.log(avg);

答え total:140,  avg:46.666666666666664

(繰り返し処理を使って平均値を出す方法。処理2のやり方では数字が多くなると大変だがこれだと簡単)

Coding泪橋(仮)_No002
ランダムを理解する

// 処理1
// 目的:配列を添字を理解する
// 問題:Consoleには何が書き出されるか
var arr = ["プリン", "ヨーグルト", "シュークリーム"];
var str = "おやつに" + arr[0] + "を食べたいぜよ!!";
console.log(str);

答え おやつにプリンを食べたいぜよ!!

// 処理2
// 目的:ランダムを理解し、整数に変換する事ができる
// 問題:Consoleには何が書き出されるか
var rdm = Math.random() * 3;//Math.randam()とは、0以上1未満のランダムな数
console.log(rdm);
var num = Math.floor(rdm);//Math.floorとは小数点以下切り捨て
console.log(num);
var str = "おやつに" + arr[num] + "を食べたいぜよ!!";
console.log(str);

答え rdm:(0以上3未満のランダムな小数),  num:(0,1,2のいずれか), str:おやつに◯◯◯が食べたいぜよ!!(◯◯◯はランダムに変化)

// 処理3
// 目的:複数のランダム値、配列を用意して自動作文を作る
// 問題:Consoleには何が書き出されるか
var arr1 = ["神様", "俺様", "貴様", "何様"];
var num1 = Math.floor(Math.random() * 4);
var arr2 = ["学校", "ファミレス", "火星", "ハワイ"];
var num2 = Math.floor(Math.random() * 4);
var arr3 = ["勉強", "注文", "探検", "旅行"];
var num3 = Math.floor(Math.random() * 4);
var str = arr1[num1] + "が" + arr2[num2] + "で" + arr3[num3] + "した";
console.log(str);

答え (ランダムな作文)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。